“紙は切れても手は切れない魔法のカッター”

【スマイリーエッジ】

・2017年 キッズデザイン賞 受賞作品

・NHKまちかど情報室
・テレビ東京のワールドビジネスサテライト
・毎日新聞

各メディアで紹介されました。

スマイリーエッジは怪我のリスクが軽減された、
カッターナイフでもハサミでもない、
安全安心な“ 紙を切る道具 ”です。

軽量でペンケースに入るため持ち運びも楽なので、
雑誌・新聞の切り抜きに使ったり、
切り絵やちょっとした資料作りにも便利です♪

柔らかいものは切りにくくなっているので、手に当たっても簡単には切れません。

鉛筆を持つような感覚で扱えて、手にしっかりフィットするので、
押したり引いたり、ジグザグや曲線も綺麗に紙を切る事が可能です。

“ 超硬合金 ”で出来た先端の丸い刃は、
通常用途での使用であれば、刃の欠けや割れ等の損傷は起こりにくくなっている為、
替刃もありませんし、刃の交換は出来ない構造になっています。

スマイリーエッジを使用する際は、少し硬めの専用下敷き(※)を用い、
この下敷きと刃の圧力によって紙を切ります。

※代用品として、メラミン含有のトレイや硬質のバインダー等も使えます。

切るコツとしては、3 本の指でペンをギュッと握り、
刃先を紙に押し当てるようにして、引いたり押したりします。

この時、紙に対してスマイリーエッジが斜めにならない事、
そして、専用の下敷きの上で切らないと上手く切れません。

また、スマイリーエッジは左右どちらの手でも使用出来ます

小さなお子様~ご年配の方、手先のリハビリ中の方、視覚障害の方、
どんな身体的特性を持った方でも、
誰でも同じように紙を切る事が出来ます。

しかし…スマイリーエッジは、一般的なカッターのように、
何枚もの紙をまとめて切ったり、厚紙を綺麗に切ることは出来ません。

なので、よく切れるカッターを探している方にはお勧めしません。

「紙を切る」という行為は日常の一部であるばかりでなく、
楽しみを得る手細工でもあります。

しかし、小さな子どもやお年寄りなど怪我のリスク故に、
「使う」「使わせる」ことから遠ざけられてしまう傾向にあります。

スマイリーエッジを使うことで、怪我の心配から解放され、
「出来ない」が「出来る」になれば素敵な事です!

出来ない事が出来るようになると、沢山の人を笑顔にする事が出来ますし、
沢山の人の心に自由な想像の翼を羽ばたかせる事も出来ます。

刃物は怪我をするから「怖い」「使いたくない」「使わせたくない」と感じている人こそ、
スマイリーエッジを手にしてみて下さい!

先端の小さな刃がコロコロと前後に転がり、紙が切れる。

小さな子どもたちもニコニコ顔で紙を切って遊べます。

怪我の心配が軽減されていますので、
いつも目が離せない…などということもありません。

カッターナイフやハサミをうまく使いこなせる人には、
スマイリーエッジは不要かもしれません。

しかし、そうでない場面ではスマイリーエッジのような道具こそが必要とされるでしょう。

【商品詳細】

【商品名】 : スマイリーエッジ(専用下敷きセット)
【重さ】 : 14 g

【素材】

刃 : タングステン鋼
本体 : ABS樹脂
ヘッド : ステンレス
ヘッドカバー : スチール
グリップ : ラバーゴム

【注意事項】

・故意に人体を傷つけるような使用はしないでください。
・本来の切断用途以外に使用しないでください。
・使用前には回転刃が正しく回転し本体に損傷がないかご確認ください。
・下敷きの素材によっては下地に傷がつく場合があります。

【価格】 : ¥ 1,700 (税込 ¥ 1,836)